上質紙・マットコート紙・コート紙を知ればもっと良いモノが作れるかも


20140601a

目次

1、上質紙・マットコート紙・コート紙ってどんな紙?
2、上質紙
[1)印刷における上質紙の特徴、2)どういった印刷製品に使用されるのか?]
3、コート紙
[1)印刷におけるコート紙の特徴、2)どういった印刷製品に使用されるのか?]
4、マットコート紙
[1)印刷におけるマットコート紙の特徴、2)どういった印刷製品に使用されるのか?]
5、担当者から

 

前回は、あなたのアイディア次第でおもしろく使えるレインボーカラーの色上質紙ということで、紙の色を生かした印刷のお話しをいたしました。

今回は、定番中のど定番である上質紙・マットコート紙・コート紙についてご紹介したいと思います。

 

1、上質紙・マットコート紙・コート紙ってどんな紙?

業界でもっとも多く使用されている紙で、チラシ・ポスター・名刺・ハガキ・冊子などありあらゆる印刷物に使われております。
では、百聞は一見にしかずということで実際に下の画像で違いをみてください。

20140601b
さぁ!違いのわかる画像で一目瞭然でしょう!!!!

とまぁ、おふざけに勤しむのはこの辺にして、このように全て同じく見えるのは、仕方ありません!それを紐解いていくためにあえて違いがわかりにくい画像を載せたのです!(違いがわかる写真を撮れなかったもので)

 
つまり、サルでもわかる説明で簡潔にまとめると

上質紙→普通の紙

コート紙→光沢のある紙

マットコート紙→マットな紙

無駄のない説明です。これが一番理解していただきやすいと思います。
少し調子に乗りすぎましたが、ここからは上質紙・マットコート紙・コート紙の特徴を取り上げ、それぞれ説明していきます。

 

2、上質紙

一般的な模造紙を想像してください。学校などで使ったことがあるかと思われますが、あれのような紙です。
光沢があるわけでも、マットな質感なわけでもない一般的なノーマルな紙です。
 

1)印刷における上質紙の特徴
実際にモニターで見る色をこの紙に印刷すると色が沈みます。沈むというのは、少し暗くなる感じです。
ですので、上質紙を使う場合は、フルカラーより1色刷りで印刷する場合が当社では多い傾向があります。
メーカーにもよりますが、プリンターとも相性がいいので、オンデマンドなどにも十分対応できます。お急ぎのときなどに便利です。
 

2)どういった印刷製品に使用されるのか?
●チラシ(薄い上質紙を使用)
●ハガキ(厚い上質紙を使用)
●冊子の表紙(厚い上質紙を使用)
●複写伝票の上の紙(薄い上質紙を使用)
●ノート、メモ帳、名刺
などに使われることが多いです。

何にも使える万能な紙です。調味料で言うと塩みたいなニュアンスですかね。
 

3、コート紙

テカテカツルツルしている紙です。一度は見たことがあるかと思います。上質紙が朝起きたときのわたくしの顔だとすると、コート紙は日中イキイキと仕事するわたくしの顔みたいな感じです。
 

1)印刷におけるコート紙の特徴
印刷の仕上がりには満足いく紙です。発色もしっかりとでます。ただ、細かいキズなど付けば反射で目立ちますし、指紋も目立ちます。用途によって使い分けた方がいいと思います。
 

2)どういった印刷製品に使用されるのか?
●チラシ(薄いコート紙を使用)
●ポスター(厚いコート紙を使用)
●冊子の表紙(厚いコート紙を使用)
●名刺(厚いコート紙を使用)
などに使われることが多いです。

フルカラー印刷に多く使用されます。
 

4、マットコート紙

マットな感じとか言うことありませんか?そのマットなのですが、コート紙よりはツヤが少なく、上質紙よりはツヤがある紙です。
 

1)印刷におけるコート紙の特徴
こちらの紙も発色は悪くありません。ツヤが少ない分指紋なども目立ちません。コート紙とこの紙は、好みによるところがあるかと思われます。わたくしはお客様の用途を聞いた上で提案させていただいております。
例えば、申込み部分があり、字を書くということであれば、コート紙だと非常に書きにくいので、マットコート紙を薦めます。
上質紙よりはテカリが欲しいけど、コート紙ほどテカリがなくていいという方であればマットコート紙がおすすめです。
 

2)どういった印刷製品に使用されるのか?
●チラシ(薄いマットコート紙を使用)
●ポスター(厚いマットコート紙を使用)
●冊子の表紙(厚いマットコート紙を使用)
●名刺(厚いマットコート紙を使用)
などに使われることが多いです。
 

5、担当者から

簡単ではありますが、掻い摘んで説明させていただきました。本当は実際の印刷製品をお見せできればいいのですが、個人情報に関わる部分もございますので、割愛させていただきました。
紙のサンプルをお見せできますので、ご来社していただければご覧いただけます。また、近隣の方や当社と交友のあるお客様でしたら、お持ちすることもできます。

結局は、自分の好みで使うのが一番よいかと思います。その際は、印刷の仕上がりがどのようになるかはアドバイスさせていただきます。厚さもいろいろありますので、作りたい印刷製品に合った提案は、当社にお任せくださればと思います。
 

次回からは、紙マニア必見の特殊紙を紹介していきたい思います。こんな紙もあったんだぁ~♪とディスカバリーしてください!
では!

コメントを残す

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Page top