あなたのアイディア次第でおもしろく使えるレインボーカラーの色上質紙


20140513a

目次

1、色上質紙ってどんな紙?
[1)色の種類、2)厚さの種類]
2、実際に使用した例
[1)入場チケットの例、2)伝票類の表紙の例、3)回数券の例、4)冊子の表紙の例、5)冊子の中扉の例]
3、こんな使い方はいかがでしょうか
[1)レインボー名刺、2)レインボーブロックメモ、3)同系色で印刷してみる、4)お子様用自作折り紙み、5)折込チラシに当たりをつける]
4、担当者から


 

世の中には、何万種類とも言われる紙の種類があるそうです。
最近は、石から作られたストーンペーパーなんてものもあるそうですょ。

いろいろな紙がありますが、わたくしのポケットに入っている、洗濯されてくしゃくしゃまみれのTSUTAYAのサービス券も資源だと思えば、捨てられなかったです。
さて今日は、色上質紙を紹介いたします。

 

1、色上質紙ってどんな紙?

印刷会社では、上質紙・マットコート・コート(後日紹介したいと思います)の次くらいに多く使われている紙ではないかと思います。

1)色の種類(注:実際の紙色とモニターで見ている紙色は異なります)

20140513b
聞いたことのない色の呼び名もあるかと思いますが、わたくしはアマリリスという響きが好きです。それかサーモン(美味しそうなので:笑)

(※北越紀州製紙㈱様の色見本を参考にしております。)

 

2)厚さの種類
厚さを測定する機器ですが、落としてしまい針が逆になってしまっておりますが、ゼロが開始です。
そして、この機器の単位が「mm」なんでしょうが、わたくしの中では機器の名前にちなんで「ピーコック」とカタカナでそれらしく勝手に呼んでます。(間違った覚え方はしないよう気をつけてください。)

 

①特薄口
一番薄い色上質紙です。透けるくらいペラペラです。
6.5ピーコックくらいです。
20140513d

 

②薄口
次に薄い色上質紙になります。やはりまだ透けるくらい薄いです。薄い薄い言っても、薄くなければダメな場合があります。薄い紙はケースバイケースで使用されます。
7.8ピーコックくらいです。
20140513c

 

③中厚口
中厚口です。厚口ではなく、ちゅー!厚口です。みなさんが手にしているような一般的な厚さになる感じでしょうか。冊子の中の中扉によく使われる厚さです。
10ピーコックくらいです。
20140513e

 

④厚口
これが厚口です。わたくしはこちらの厚さが普通の厚さに感じます。柔らかくもなく固くもない感じですので、チラシとかに良いかと思います。
11ピーコックくらいです。
20140513f

 

⑤特厚口
これが特厚口です。あっ、厚いかな!?っていう感じの厚さです。冊子の表紙なんかに使用したりされます。
15ピーコックくらいです。
20140513g

 

⑥最厚口
そしてこれが、最も厚いと書いて最厚口です。この上もあるんですけどね。あっ!厚い!って感じます。これも冊子の表紙なんかに使用したりされます。
17.3ピーコックくらいです。
20140513h

 

⑦超厚口
きました!これが最も厚いと書いて最厚口の上をいく超厚口です。ボクシングで言うヘビー級みたいなものです。うおっ!厚っ!って感じます。安定感の厚さです。名刺・ショップカードなどに使用しても良いかと思います。
23ピーコックくらいです。
20140513i

 

⑧テラ厚口(※実際にはありません)
わたくしのメガネの度の厚さが一番でした!
20140513j

 

2、実際に使用した例

1)入場チケットの例
そのイベントの雰囲気に合わせた色を選んぶのは大切ですね。ロックなイベントには黒とか、婚活イベントにはピンク系とか、サーモンパーティーのときにはサーモン色とかね。
20140513k

 

2)伝票類の表紙の例
たまに、表紙を鑑(かがみ)と言う方もおりますので、覚えておいて損はないかも。鑑を付けて下さい。と言われたことがある人もいるのでは???
20140513l

 

3)回数券の例
回数券に使用されている例です。鉄分が多くてオレンジっぽい温泉がある所はアマリリスがおすすめです!アマリリス!
20140513m

 

4)冊子の表紙の例
当社では、報告書などページ製品によく使用いたします。お客様が楽しそうに色を選んでいるシーンを見ると、わたくしも「季節に合わせてこの色はどーでしょう?とかアマリリスは?」などと楽しくなります。
20140513n

 

5)冊子の中扉の例
上の方で出てきましたが、これが扉です。第○章の区切りを付けるために挟みます。比較的薄い色上質紙が使用されます。
20140513o

このようにチケット、冊子、鑑などに利用されております。お客様の好みで毎回色が変わりますので、印刷するたびに新鮮な感じになります。
では、もっとおもしろい使い方がないか検証していきたいと思います。

 

3、こんな使い方はいかがでしょうか

1)レインボー名刺
お客様に名刺を選ばせるときっと話題のきっかけにもなります。
また、用途によっての使い分けもできます。奥方様には赤系の名刺、夜のお店ではブラック名刺、サーモン業者にはサーモン色名刺など。
20140513p

 

2)レインボーブロックメモ
お客様に差し上げるノベルティとしてもおもしろいと思います。
わたくしは、興味から黒い紙のみでメモ調を作ってみたいと思ったりしています。「世界一見えないメモ帳」というキャッチコピーを使えますね。

余談ですが、黒い紙に黒でプリントしたことはありますが、案の定何も見えませんでした。
【余談画像】
20140513q

 

3)同系色で印刷してみる
例えば、黒い紙にグレーで印刷、赤い紙にピンクで印刷、サーモン紙に鮭色で印刷など、紙に近い色で印刷するとこれが意外とカッコよくなります。シンプル好きな方に最適な使い方です。
紙の色を生かしたテクニックですね。
ちなみにわたくしは、黒×金が好きですので、いつか黒い紙に金色で印刷した名刺を持ってみたいと思っています。
20140513r

 

4)お子様用自作折り紙み
お子様の好きな色だけを集めた折り紙なんてものも良いのかもしれませんょ。

 

5)折込チラシに当たりをつける
例えば、赤色の折込チラシが入っていた方は、バラの花束差し上げます。など当たりチラシにしても良いのかもしれませんょ。

 

4、担当者から

使い方、アイディア次第でおもしろい印刷製品が期待できます。
こんな使い方してみたいんだけどというご意見や提案などもらえたら嬉しいです。
また、業務的な使用の他に、わたくしたちもこんな使い方あったのか!?というようなお話しもあればお聞きしてみたいです。

 

今回は色上質紙のお話しでした。
次回は、印刷会社がもっとも使う上質紙・マットコート紙・コート紙について取り上げてみたいと思います。

コメントを残す

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Page top